Googleアドセンスは、クリックされるだけで報酬が発生するので、収益を出しやすいです。

しかし、アドセンスでブログを注意しなければならないことがアドセンス狩りです。

この記事では、アドセンス狩りの簡単な解説と対策方法について解説しています。

 

アドセンス狩りとは?

アドセンス狩りとは、簡単に言えば第三者がアドセンスのアカウントを停止させるために行う嫌がらせです。

具体的には、自分のサイトに貼ってある広告を、ギャンブルやアダルトなどの使用が禁止されているジャンルのサイトに貼ったり、不正に何度もクリックしてアカウント停止に追い込んだりします。

アドセンスで稼いでいる人を妬んでやる人が多いそうですが、やられた側としてはたまったものではありません。

自分にまったく非がなくても、アドセンス狩りにあってしまうとアカウントが停止して最悪アドセンスが利用できなくなりますので被害に遭う前に対策をしておきましょう。

対策方法

すぐできる対策としては、許可サイト登録という作業です。

この作業をしておくと、許可していないサイトの広告がクリックされても報酬が発生しなくなります。

アドセンス狩り対策

アドセンスの管理画面右上にある「設定」をクリック

アドセンス狩り対策2

アカウントページの「サイト管理」から「所有サイト」のところに自分のサイトURLを入力して「サイトを追加」をクリックして完了です。

許可サイト登録をしていれば仮にアダルトといった規約違反のサイトに広告を貼り付けられてもアカウント停止になるような事態は防ぐことができます。

不正クリックを防ぐことはできるのか?

これは正直防ぐ手立てがありません。

対策としてはアクセスが異常に増えるようなことがあればすぐさまGoogleに報告しましょう。

どのときが危険かというとCTR(クリック率)が2%を超えるようなことがあればアドセンス狩りを疑った方がいいです。手遅れになる前にすぐGoogleに報告しましょう。

「○月○日○時のクリックが異常に多いです」といった具体的な内容を伝えて自らの潔白を証明しましょう。

最初に紹介した許可サイト登録をやっておくだけでもリスクは減らせますので、是非ともやっておきましょう。