情報商材は1件当たりの報酬が高く、少ない成約数で大きく稼ぐことが可能なジャンルです

月収100万円を超えるトップアフィリエイターと呼ばれる方の多くは情報商材で稼いでいることが多いです。

この記事では、情報商材の選び方から記事の書き方までを解説します。

インフォトップ・インフォカートの商材を選ぶ

インフォトップやインフォカートといった大手のASPは、数多くの情報商材を取り扱っています。

アンリミテッド・アフィリエイトルレアといった優良商材の多くは、インフォトップで扱われていますから、なるべくインフォトップの商材を選ぶことをおすすめします。

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

商材を絞って紹介する

情報商材は値段が高く、いくつも購入すると、それを取り戻そうとして悪循環に陥る可能性があります。

最初は1つに絞り、稼げるようになったら徐々に数を増やしていくというスタイルがいいでしょう。

興味を引く文章を書く

詳しくは後述しますが、伝える内容は少なくして、相手に興味を持たせることが大事です。

レビュー記事の書き方

情報商材は中身が分からないので、読者になるべくわかりやすく伝える必要があります。

その際に意識したいのが次の5つです。

  • その情報商材の特徴を簡単に説明すると?
  • その商材を必要とするのはどのような人か?
  • さまざまな情報商材がある中でなぜその商材がおすすめなのか?
  • その情報商材を購入することにどのようなメリットがあるのか?
  • その商材に再現性はあるか?

これらを意識してレビューを書いていきましょう。

書く際のポイントは、少ない情報陵で相手に興味を持たせることです。

商材の内容をそのまま伝えるのは著作権に違反するのでしてはいけませんが、情報を伝えすぎると意外性がなくなり、購入意欲が薄くなってしまいます

販売ページを見たときのインパクトも弱くなってしまうので、なるべく相手を焦らすような文章を心掛けてください。

商材を深く知る

情報商材アフィリエイトは、ネットビジネスのジャンルでは競合率が高く、ただ単にレビューするだけでは同じような内容になってしまいます。

それを防ぐためにはライバルサイトを常にチェックして、ほかのサイトがその商材の触れていないところを見つけ、商材をさまざまな視点でレビューする必要があります。

商材のことを一番理解できているのは当然ですが販売者です。

販売者がどのようなことを言いたいのかを商材を何度も読み直して、商材の理解を深めていき、販売者の視点で考えることができれば商材の新たな魅力を発見できるかもしれません

商材を深く知る方法としておすすめのなのがブレインダンプです。

ブレインダンプのやり方は非常に単純で、その商材の特徴(メリット)を思いつくだけ書くというものです。

簡単な例を出すと

  • ボリュームが豊富
  • 説明がわかりやすい
  • 人気がある

このような感じで思いつくまま書いていきますが、少なくとも30個はあった方がいいです。

正直この作業は面倒ですが、なぜこれが必要かというと副次的効果の発見です。

少し分かりにくいですが、情報商材を購入する人は、その商材のメリットだけでは買いません。

その商材を購入した後の未来にメリットを感じて商材を購入します。

この副次的効果を見つけるためにブレインダンプはもっとも有効な方法です。

成約率を高めるには

成約率を高めるにはテクニックだけでは不十分です。

PASONAの法則やAIDMAの法則といったコピーライティングテクニックはあくまでもツールでしかなく、それ以上に信頼が重要です。

情報商材は値段が高額なので、書き手と読者の間に信頼がないと、どのような文章を書いても相手は価値を感じてくれません

そのためには相手の役に立つ良質な記事を読者に提供することが、制約率を高める必要な条件になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で