ネットオークションは文字通り、ネット上のオークションです。

身の回りの不用品を売ることから始められますし、ネットビジネスのスキルを習得するには最適です。

今回はYahooオークションを例に、ネットオークションの始め方を解説します。

ネットオークションの出品手順

Yahooプレミアム登録

まずはYahooのプレミアム登録(月額410円)に登録します。

ヤフオクはアクセスも多いですし、初めても方でも落札される可能性は高いです。

お金はかかりますが、必要経費として割りきりましょう。

商品撮影

ネットオークションで売上を大きく左右するのが写真撮影です。

ヤフオクの場合は1商品につき3枚までなので、少ない枚数で商品の特徴を伝える必要があります。

まずは商品の全体像を写し、あとは商品のキズやロゴなど商品の特徴が伝わるように撮影しましょう。

撮影するカメラはデジカメでもOKですが、余裕があれば、外部フラッシュが取り付けられるカメラを使うのがおすすめです。

外部フラッシュが取り付けられるカメラであれば、バウンス撮影ができるので自然光に近い写真が撮れます。

商品説明文

まずは商品名と商品のコンディション、支払い方法や発送方法の4つは必須です。

もしキズがあるならそれも正直に書いておきましょう。

そしてその商品を落札するメリットなども書いておくと効果的です。

ちなみに、1円出品はアクセスを集めやすい分、安値(場合によってはそのまま1円)で落札される可能性があるので注意してください

また、最低落札価格を設定することで、1円で落札されることを防ぐこともできますが、相手には最低落札価格がわからないので、逆にアクセスが減ってしまう可能性があります。

出品する際は、即売くんなどのテンプレートツールを使うのがおすすめです。

商品が落札されたら

商品が落札されたら、取引ナビを使って落札者と連絡を取ります。

落札者から連絡が来たら、希望の発送方法や、入金方法、発送先を確認します。

そして、入金が確認できたら、商品を発送しますが、梱包には注意が必要です。

商品にもよりますが、カメラなどの精密機器の場合は、ダンボールに新聞や緩衝材、エアーキャップ(プチプチ)を使うのがいいでしょう。

落札者から商品到着の連絡が来たら、落札者の評価をします。

評価は、非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪いの5段階あります。

何かしらのトラブルがなければ、評価は「非常に良い」がベターです。

ただ、ごく稀に、落札履歴が残ることを懸念してか、「評価不要」の落札者もいます。

ヤフオクの評価は絶対ではありませんので、その場合は、落札者の意思を尊重して、評価をしないのが無難です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で