今回紹介する方法は、アフィリエイトに近いですが、従来のアフィリエイトと違い、すぐに結果が出るのが特徴です。

ブログがなくても、参加できるものもありますので、これからアフィリエイトや、ドロップシッピングをを始める方には、おすすめです。

記事を書いて稼ぐ種類

モニターになって稼ぐ

これは、実際に商品を試した感想を記事にしていきます。

案件に応募する必要がありますが、当選すれば、無料で商品を試すことができるのでおすすめです。

モニター型の場合は、文字だけの記事より、写真などを使って視覚に訴えかけた方が、より魅力的な記事になります。

また、商品をレビューする際、メリットばかりだけ伝えるのではなく、デメリットや改善点も書いた方が説得力があるので、躊躇せずに書いておきましょう。

ただ、デメリットばかり書いてしまっては、商品のイメージが悪くなってしまうので、デメリットを書くなら全体の2割ほど、つまり、1000文字なら200文字に留めておきましょう。

指定されたテーマで記事を書いて稼ぐ

このパターンのものは、比較的稼ぎやすく、ブログがなくてもできるので、ブログがない方にはおすすめです。

ある程度の文章力や知識は要りますが、ネットビジネスをやるなら必要なスキルですから、練習も兼ねてやっておきましょう。

報酬は文字数によりますが、1記事の作成で200円ほどです。

1日1記事でも、1ヶ月続ければ6000円ですから、時間がある方は積極的に記事を書いて稼いでいきましょう。

少ないものでは、200文字からの記事作成もあり、原稿料は低いですが、比較的取り組みやすいのでおすすめです。

文字数が多いほど、原稿料が高くなるので、文章を書くのが得意な方は、1000文字以上の記事作成にも挑戦してみましょう。

ちなみに、サイトによって、制限時間が設けられているものあるので、注意しましょう。

記事を書く際の注意点

記事作成は、ただ単に文字を書いていくだけでなく、書き方にも注意が必要です。

特に、テーマに沿った記事を書いていく場合、次の点に気を付けてください。

  • 顔文字を使わない
  • 語調はなるべくですます調で書く
  • 「~だよね」などの会話調は避ける

条件はサイトによって違いますが、基本的に上記3つを遵守して記事を書きましょう。

おすすめサイト

私のおすすめサイトは、REPO(ルポ)です。

案件の数が豊富ですし、メールアドレスさえあれば登録できるので、すぐに始めることができます。

特にREPOは、150字からの記事作成があり、かなり敷居が低いので、ブログ経験がない方にはとてもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で