webライターは、文字通りウェブ上で文章を書いていきます。

ネット環境とパソコンさえあれば誰でもなることができますし、自分のやりたい時間に行うことができるので、人気の高い副業です。

 

webライター報酬はどれくらい?

報酬額は能力や経験値によって異なりますが、トップクラスになるとサラリーマンの平均年収(約400万円)を超える方もいます。

ただ、基本的にwebライターの単価は安く、1文字あたりの単価は0.1円~0.5円ほど、初心者で1円を超えることはまずないと言ってもいいでしょう。

仮に1文字0.5円として、1000文字の記事に1時間かかった場合、時給は500円です。

数をこなしていけば作業にも慣れてくるので、記事の作成スピードは上がりますが、苦手なジャンルだと調べながらの作業になるので、どうしても時間がかかってしまい、時給は低くなります。

もしwebライターを目指すのであれば、最初は稼げないこと頭において置かないと、継続は難しいでしょう。

webライターの依頼内容

webライターの依頼内容は数多く、恋愛・育児・金融など多種多様にわたります。

日記の場合は初心者でも気軽にできますが、報酬単価が低いのがデメリット。

翻訳は高いスキルが求められるので、1文字あたりの単価が大幅にアップします。

効率的に作業を進めていくには

効率的に作業を進めていくには、まず書くジャンルを絞りましょう。

文章を書くのが得意な方は、多くのジャンルを受注していくのも悪くはありませんが、数を絞ったほうが絞ったジャンルの専門性が高まります。

最初は時間をかけすぎないためにも、得意なジャンルを積極的にやっていくのがおすすめです。

その次に、情報収集能力を高めておくことも効率化のためには大事になります。

いくら知識量が豊富でも知らないことは出てきますし、知っていると思っても間違っている可能性もあります。

情報収集が早くなるとwebライター以外の副業をする上でも役立つので、調べることはぜひともやっておきましょう。

仕事は何で探す?

ネットが普及するまでは求人から仕事を探すのが一般的でしたが、正直面倒ですし時間がかかります。

ですので、今はクラウドソーシングサービスで見つけるのがもっともベターです。

主なクラウドソーシング

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • @SOHO
  • サグーワークス
  • Repo(ルポ)
  • シュフティ
  • ココナラ

最初はどのサービスにしようか迷うと思いますが、案件数で選ぶなら、ランサーズがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で