YouTubeは多くの方がご存知だと思いますが、YouTubeは2005年にスタートし、10年弱で10億人を超えるユーザーに利用されるようになった動画共有サイトです。

今回は、そんなYouTubeで稼ぐ方法について解説していきます。

YouTubeパートナープログラムとは

YouTubeパートナープログラムは、簡単に言うとYouTube動画に広告を掲載し、その広告収入で利益を得るビジネスです

例えば、YouTubeを見ているときに、動画の下の方に広告が載ったり、動画の途中、または動画が再生される前に、CMが流れることがあると思います。

YouTubeでは、広告が表示される回数に応じて報酬がもらうことができます

つまり、再生回数が多ければ多いほど、稼ぎも大きくなっていくのがYouTubeパートナープログラムの特徴です。

YouTube広告の単価

これに関してはいろいろ言われていますが、1再生でおよそ0.1円ほどです。

なので、1万円稼ぐためには最低でも10万回は再生される必要があります

再生回数を伸ばすにはやはり数をこなすしかありませんので、稼ぐことは楽ではありません。

広告の種類

インストリーム広告

これは、動画が再生される前に流れるCM動画のことで、5秒経つとスキップできます。

インストリーム広告は、動画が最後まで視聴されないと、報酬が発生しませんので注意しましょう。

また、スキップできない動画でも、ユーザーが途中でタブを閉じた場合、報酬は発生しません。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画の画面下に表示される広告のことで、広告がクリックされることで報酬が発生します

ただ、オーバーレイ広告は非表示にできるので、ここからの収益はあまり期待できません。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はパソコンのみに表示される広告で、パソコンの画面右側に表示されます。

オーバーレイ広告同様、広告がクリックされると報酬が発生します

YouTubeクリエイターハンドブックを活用しよう

YouTubeクリエイターハンドブックは、簡単に言うと、YouTubeの教科書のようなもので、YouTubeの基礎的な知識や、動画作成のコツなどが詳しく解説されています。

YouTubeクリエイターハンドブックは、無料で利用することができ、PDF形式でダウンロードすることができます。

これは意外に知られていないので、これからYouTubeで動画投稿を始めたい方にはとても役立ちます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で