本格的にアフィリエイトを始めるなら、独自ドメインやレンタルサーバーは必須です。

特にレンタルサーバーはサービスによって性能や価格が違うのでぜひとも押さえておきたいところです。

ここでは人気が高いさくらインターネット・エックスサーバーをそれぞれ比較してみました。

さくらインターネットとエックスサーバーの違い

さくらインターネット
※料金は税別

レンタルサーバーの中でも人気が高く、最も安いライトプランは制限が多いですが月額129円(税込み)で利用できます。

料金プラン 容量 MySGL マルチドメイン 月額費用
ライト 10GB なし 最大20個 119円
スタンダード 100GB 20個 最大20個 477円
プレミアム 200GB 50個 最大30個 1429円
ビジネス 300GB 100個 最大40個 2381円
ビジネスプロ 500GB 200個 最大40個 4286円

表にあるMySGLとはデータベースのことですが、ライトプランはMySGLがないためワードプレスムーバブルタイプが使えません。

比較するために表には載せていますが、ビジネスプラン・ビジネスプロプランは法人向けなのでスルーしてもらって構いません。

ですのでさくらインターネットを使うならスタンダードプランプレミアムプランになりますが、安定性で言えばプレミアムプランです。

スタンダードプランはデータ転送量が1日80GB、プレミアムプランが1日120GBになっています。

データ転送量が少ないとブログにアクセスが集中した際、サーバーがダウンしてページが表示されなくなる可能性があります。

ですが転送量が80GBもあれば十分安定します。ただマルチドメインが20個までと少ないのでサイトをたくさん作るならならプレミアムプラン、そうでない場合はスタンダードプランがおすすめです。

さくらインターネットではプランを一度決めると変更ができませんので注意してください。

エックスサーバー

※料金は税別

料金プラン 容量 MySGL マルチドメイン 月額費用
X10 200GB 50個 無制限 1000円
X20 300GB 70個 無制限 2000円
X30 400GB 70個 無制限 4000円

さくらインターネットと比べるとコストはかかりますが、容量・MySGLともにさくらインターネットを上回る数字です。

データ転送量はX10が1日50GB、X20が1日70GB、X30GBが1日80GBになっています。

データ転送量の計算
サイトのページによって容量は違いますが、1ページ500KBとして計算してみます。

1日1000アクセスあるとして、500×1000=500000KB(500MB)

100ページあれば50GBですが、すべてのページで1000アクセス集めることはあまりないと思いますので50GBあれば十分です。

個人で運営するならX10プランで問題ありません。ちなみに当サイトもエックスサーバーのX10プランで運営しています。

ちなみにエックスサーバーはプラン変更が可能

おすすめはどっち?

私はエックスサーバーをおすすめしていますが、さくらインターネットのスタンダードプランでも個人運営するのに十分安定します。

マルチドメインが少ないですがコストを気にするのであればさくらインターネットのスタンダードプラン

コストはかかるけど多くのサイトで運営したい場合はエックスサーバーのX10プランがおすすめです。