情報商材は高額で中身がわからないのでなかなか手が出ないと思います。

そもそも情報商材を持つことにどのようなメリットがあるのかアフィリエイトを例にして考えていきます。

書籍との違い

書店でもアフィリエイト関連の書籍は数多くあります。

1冊1000円ほどで買えますし、私もアフィリエイト関連の本を3冊ほど持っています。

では一般書籍と情報商材にはどのような違いがあるのか

一般書籍
一般書籍はアフィリエイトの仕組みやASPの登録など、アフィリエイトの基礎を学ぶのに最適です。

情報商材
情報商材はPDFや音声ファイル、教材によっては動画解説もついているのでアフィリエイトをさらに詳しく学ぶことができます。

一般書籍デメリットとメリット

デメリット

手法が古くなる
販売されてからある程度期間が経つと、紹介されている手法がすでに古くなっている場合があるので、そのたびに本を買っていたら商材の値段を上回ってしまいます。

メリット

基礎を学べる
最初の方に記していますが、アフィリエイトの基本的なことなら書籍でも十分に学ぶことができますし、図書館を利用すれば無料で学べます。

最寄りに図書館がない方でもブックオフなどを利用すれば安く購入できます。

情報商材のデメリットとメリット

デメリット

値段が高い
もっともネックになるのが値段です。情報商材は安くても1万円が相場ですし、高額塾などは20~30万円の値段がかかります。

情報商材の中には値段の割に内容がまったくないといった詐欺商材も存在します。

メリット

ツールが付いている
アンリミテッド・アフィリエイトやルレアと情報商材にはテンプレートなどのツールが付いていて、スカイプなどのSNSでサポートが受けられる情報商材もあります。

具体的なノウハウが学べる
書籍でもある程度のノウハウは学べますが、時間が経つにつれて手法が古くなってしまいます。

情報商材でも時間の経過とともに手法が古くなることは否定できませんが、アンリミテッド・アフィリエイトのようにバージョンアップする商材もあるので、常に最新のノウハウが学べます。

まとめ

結論としては、アフィリエイトの基本を学ぶなら一般書籍、アフィリエイトで稼ぐためのノウハウを学ぶなら情報商材ということになります。

ですので、これからアフィリエイトを始める方は書籍、ある程度のアフィリエイトの経験はあるが、稼ぐためのノウハウが知りたいという方には情報商材がおすすめです。

もちろん得手不得手はあるので、自分に合ったやり方を見つけてアフィリエイトをしていきましょう。