インターネットを使う上で、もっとも懸念しなければいけないのが、コンピューターウイルスです。

ウイルスに感染すると、個人情報が盗まれて悪用される可能性があるので、ぜひとも対策しておきましょう。

コンピューターウイルスの感染経路

メール

これは、メールに添付されているファイルを開く、もしくは本文にあるURLをクリックすることで感染してしまうパターンです。

メールを見る方は多いですし、攻撃する側としては、比較的感染させやすい媒体と言えます。

また、一方的にメールを送り付けるスパム(迷惑)メールにも注意が必要です。

USBメモリー

USBメモリーやHDDなどの外部記憶媒体を、パソコンに接続するだけでも感染してしまうことがあります。

原因として、WindowsにはUSBメモリーなどを挿入した際、autorun.infというファイルによって、起動したいファイルを実行させる機能がありますが、この機能を悪用してウイルス感染させるケースも多いです。

もし、感染したUSBメモリーを別のパソコンに感染すると、感染が拡大する恐れがあるので注意しましょう。

ドライブバイダウンロード

ドライブバイダウンロードとは、不正なwebサイトを閲覧した際に、ウイルスが勝手に送り込まれる攻撃です。

このドライブバイダウンロードは、パソコンの脆弱性を利用した攻撃ですので、常にOSやソフトを最新の状態にしておく必要があります。

アンチウイルスソフトにも注意

セキュリティー対策のために、アンチウイルスソフトをインストールされている方は多いと思いますが、アンチウィルスソフト自体偽物の可能性もあるので、注意が必要です。

偽のアンチウィルスソフトをインストールしていると、偽の感染警告が発信され、有料のソフトの購入を促されます。

実際、偽の正規版を購入させて、金銭を騙し取られる被害も発生しています。

コンピューターウイルス対策

メールの送信先の確認

送られてくるメールがどこから送られてきたのかは、必ず確認しましょう。

また、メールの添付ファイルもむやみに開かないように注意してください。

アンチウィルスソフトの導入

これは当然ですが、先ほども記した通り、アンチウィルスソフト自体、偽物の可能性があるので注意です。

有名なアンチウィルスソフトとして、アバストESET Smart Securitなどがあります。

しかし、どの対策ソフトを使うにしても、ウイルス定義が古いと新種のウイルスに対応できないので、定期的に更新しましょう。

まとめ

ウイルス感染を完全に防ぐ方法はありませんが、感染経路を知っているだけでも、被害を最小限に抑えることができます。

ウイルスの感染経路は、今回紹介した以外にも様々ありますが、最初に挙げた3つの感染経路は覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で