アバターとは、簡単に言うと、プロフィールに使われている画像のことです。

自分の写真を使う方が信頼性は高いですが、顔出しに抵抗があるかたは、アバターを使う手もあります。

今回はアバターを簡単に作成できるサイトをまとめてみました。

アバター作成サイト

似顔絵メーカー

nigaoemaker1

これは比較的簡単なので使いやすいと思います。

差別化は難しいですが、シンプルなアバターを作りたい方にはおすすめです。

FaceYourManga

アバター

FaceYourMangaは、ほかのアバター作成サイトと違い、メールアドレスを入力する必要があるので、少し手間がかかります。

すべて英語ですが、作るのは難しくはありません。

AVATAR GAMES

アバターメーカー

AVATAR GAMESは全部で6種類ありますが、画像サイズが96×96と小さめです。

ちなみに、http://www.avatargames.jp/am_01/の場合は、最大100×100で保存できます。

萌える!アバターメーカー

_1467959616.63082_923

これはデフォルメのアバターが作成できますが、AVATAR GAMES同様、画像サイズが96×96と小さめです。

ジョジョ顔メーカー

jojokao

ジョジョの奇妙な冒険のアバターが作成できます。

ジョジョはインパクトが強いので、差別化を図りたい方にはおすすめです。

Anichara

photo3

商用・法人の場合は有料になりますが、プロフィール画像に使うだけなら無料です。

化け猫アイコンメーカー

neko

人ではありませんが、猫好きな方にはおすすめです。

キャラクターなんとか機

image

キャラクターなんとか機は、ジェネレーターソフトなので、オフラインでもアバターを作ることができます。

性別は女性に限られますが、かわいいキャラクターを作りたいという方にはおすすめです。

ちなみにキャラクターなんとか機はweb版もありますので、ソフトのインストールが面倒な方はweb版を使ってみてください。

ビオレママ顔メーカー3

bioremamagao_320

花王のビオレuでおなじみのアバターを作成できます。

非常に使いやすく、アバター作成に時間をかけたくない方にはおすすめです。

似顔絵イラストメーカー

似顔絵イラストメーカー

画像サイズが96×96と小さめなのがネック

使用しているアフィリエイターは多く、差別化を図るのは難しいです。

まとめ

今回はアバター作成サイトを紹介していきましたが、結局は無料なので、どうしても似たようなアバターになってしまいます。

差別化させるなら、やはりプロに頼んで作ってもらうのが一番いいでしょう。

私の場合は、お金をかけたくなかったわけではありませんが、幼いころから絵を描くことに関心が高かったので、自作でいきました(プロフィールに画像を載せています)。

更なる差別化を図るなら、サイト上で動かすことができる4次元アバターがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で