アフィリエイトの記事を書いていくうえで気になるのが1記事あたりの文字数です。

SEO的に何文字書かないといけないといった基準はありませんが、文字数が少ないと内容が薄い印象を受けますし、かといって多すぎても読みにくくなります。

今回は1記事あたりの文字数について考えていきます。

1記事あたり何文字必要?

文字数に関してはさまざまな意見がありますが、ほとんどの記事に共通しているのが、文字数は多ければ多いほどいいということです。

しかし、必ずしもすべての記事で文字数を多くする必要性はありません。

競合率の高いジャンルであれば、当然文字数は多い方がいいでしょうし、逆に競合率が低ければ、文字数が少なくても上位表示が狙えるでしょう。

それに上位表示されているサイトでも、文字数が少ないこともありますので、あまり神経質になる必要はないと思います。

ただ、これは私の基準ですが、1記事の文字数は最低でも1000文字はあった方がいいです

あまりに文字数が少ないと価値がないと判断され、パンダアップデートの影響を受ける可能性があります。

参考記事:パンダアップデートとペンギンアップデートの違いと対策

文字数を増やすことのメリット

文字数が増えるということは、その分情報量が多くなりますので、読者の滞在時間を伸ばすことができます。

そして文字数が多いほど、キーワードの数も自然と増えますからSEOの観点から見ても効果的です。

特に、関連キーワードが多ければその分効果が高くなります。

ただし、文字数を稼ぐために他サイトの記事をコピペやリライト、キーワードだけを詰め込んだだけの記事だと、いくら文字数を書いても意味がありません。

文章が出てこないときは?

文字数は多い方がいいですが、どうしても文章が出てこないこともあると思います。

その場合、Googleアドワーズのキーワードプランナーを使って、競合率が低いキーワードを探す。

もしくは複合キーワードで勝負するのがもっともベターな方法です。

あとはオリジナリティーのある記事を作って、文字数の少なさを補うことが必要になります。

まとめ

今回は1記事あたりの文字数について書いていきましたが、ユーザーの役に立つなら、文字数はそこまで意識する必要はありません。

無理に文字数を増やしても、読者が読みづらくなります。

もっとも重要なのは、その記事に価値があるかどうかですから、文字数を気にするより、読者により良い情報提供をすることを心がけましょう。