ブログやサイトを始めるにあたって、最初に陥るのが記事が書けないことです。

アフィリエイトで稼ぐなら、記事を書かないことには始まりませんので、早いうちに解決しておきたい問題です。

今回は記事が書けない原因とその解決方法について解説していきます。

記事が書けない原因

知識量

記事が書けない最大の原因は、知識量が圧倒的に不足していることです。

これは当然ですが、参入するジャンルの知識がなければ記事は書けませんので、インプットをしないことには始まりません。

アフィリエイトのおすすめ勉強法でも書きましたが、インプットで一番のおすすめは読書です。

もしわからないところがあれば、検索エンジンで調べれば、たくさん情報が出てくるのでほとんどのことは解決できます。

計画を立てていない

これはテーマを決めずに記事を書こうとして陥るパターンです。

どんな人をターゲットにして書いていくか、どのような記事を書くのかをあらかじめ明確にしておかないと記事を書き進めていくのは難しいと思います。

考えすぎる

これは案外多いのでないでしょうか

ある程度の知識はあるものの、「何を書けばいいんだろう」と考えた挙句、一日が過ぎる

また、記事を書いても「こんな記事でいいのかな?」「ここはこうした方がいいじゃないか?」と何度も添削して時間を使ってしまう。

私自身アフィリエイトを始めたころは、このパターンによく陥っていました。

対処法

本や検索エンジンを使う

これが手っ取り早い対処法です。

最初の方にも書きましたが、分からないことは検索エンジンを使えば、いくらでも関連サイトが出てきます。

私は記事が書けないときに、検索エンジンで1ページ目に出てきたサイトはすべてチェックして、記事を書いています。

言い回しは違っていても、共通しているワードはあるので、それをまとめていけば少なくとも300文字は書けるでしょう。

最初は300文字に達しなくても、1ヶ月もやっていれば慣れてきます。

どうしても文章が出てこない方は、本やほかのアフィリエイターの文章を引用したり、リライトする方法がありますが、なるべくオリジナルで書くことがおすすめです。

興味・関心のあるジャンルでアフィリエイトする

最初の方にも記しましたが、記事が書けない最大要因は知識量が不足していることですが、それとは別に興味がない・やる気が出ないといった心理的要因が関係している可能性もあります。

興味がないと調べるのも億劫ですし、モチベーションも上がりません。

まとめ

アフィリエイトを始めたうちは、なかなか思うよう記事が書けないと思いますが、すべては「慣れ」です。

何事も最初が肝心ですから、とにかくやってみることが大切です。

最初は稚拙な文章でもいいので、2時間、3時間かかっても、書くことに集中しましょう。