運営会社 株式会社エイトフィールド
会員数 6万人
交換レート 円で表示
最低交換額 300円
交換手数料 交換額が500円未満の場合50円
友達紹介 下記詳細
SSL あり
プライバシーマーク なし

えんためねっとは、株式会社エイトフィールドが運営しているポイントサイトです。

姉妹サイトに「はちねっと」がありますが、どちらかというとこちらのほうがおすすめ。

 

えんためねっとの評判

調べていてもっとも多かったのが「広告還元率が高い」という意見です。

案件によっては、大手のモッピーやげん玉以上の還元率を誇ります。

逆に、クリックやゲームだけではほとんど稼げないので、広告利用をしない方は登録を控えたほうがいいかもしれません。

えんためねっとの稼ぎ方

クリックで稼ぐ

えんためねっとのクリックポイントは確実にもらえるわけではなく、10分の1の確率でランダムに決められます。

ゲームで稼ぐ

スクラッチ
3マス×3マスのパネルのうちの2つを選び、絵柄がそろうと円、もしくはスクラッチ券がもらえます。

1週間連続で参加すると、皆勤賞としてスクラッチ券が1枚もらえます。

1日1回参加可能です。

スタンプゲーム
ゲームをプレイしてスタンプを貯めていきます。

10個貯まると1円です。

対象のゲーム

  • 計算
  • 英単語
  • 三字熟語
  • 国旗
  • 歴史
  • クロスワード
  • 将棋詰
  • ナンプレ
  • ことわざ
  • ライブラリー

どれも時間のかかるものばかりなので、ゲームだけでポイントを貯めるのは非効率的です。

仮にゲームだけで換金しようとしたら、1日1円としても300日ですから10ヶ月かかります。

なので、よほど気の長い人でないと続きません。

アンケートで稼ぐ

えんためねっとのアンケートは1つあたり1円です。

質問数は15問なので、2分ほどで答えられます。

ただ、数は多くないので、あまり稼げません。

友達紹介で稼ぐ

えんためねっとの友達紹介は、登録した人が1000円貯めると1人あたり150円加算されます。

広告を利用すれば1000円はそれほどハードルは高くありませんが、登録してくれた人全員が広告を利用するとは限りません。

仮に100人登録してくれたとしても、1000円貯めた人が10人しかいなければ、紹介報酬は1500円にしかなりません。

なので、もし友達紹介を利用するなら、モッピーポイントタウンがおすすめです。

レートがわかりやすい

基本的にポイントサイトは

  • 1P→1円
  • 10P→1円
  • 2P→1円
  • 20P→1円(ポイントタウンのみ)

の4パターンのいずれかであることがほとんどですが、えんためねっとではポイントではなく円を採用しています。

利用する側としてはわかりやすいですし、お金が貯まっているのが実感できます。

ポイント交換について

えんためねっとは300円から交換できるので、初めてポイントサイトを利用する方でも換金しやすいです。

ジャパンネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行を指定すると、500円以上交換するときに手数料が無料になります。

逆に、交換額が500円未満だと50円も手数料がかかってしまいます。

上記3つ以外の銀行だと、3000円以上換金して手数料が無料になります。

欠点として、えんためねっとは交換先は現金に限られるので、電子マネーやギフト券をよく使う人はほかのポイントサイトを利用するのがおすすめです。

広告還元率を大手と比較

大手の基準は人によって違いますが、ここでは600万人の会員数を誇るモッピーと比較してみます。

還元率比較(単位:円)
広告 えんためねっと モッピー
SBI FX 5000 2000
マネックスFXプレミアム 12300 5000
くりっく265 4050 5000
DMM FX 10000 10000
アイネット証券 ループイフダン 10000 5000

キャンペーンなどによって多少の変動はありますが、広告を利用したい方は積極的に利用してみましょう。

公式サイト→高い還元率が自信のポイントサイト!『えんためねっと』