新規ドメインでサイトを運営する際、最初のうちはアクセスが集まらないのはよくあることです。

しかし、毎日サイトを更新してもまったくアクセスがないとなると、Googleのペナルティーか、エイジングフィルターを疑う必要があります。

エイジングフィルターとは?

まず、エイジングフィルターとは、検索結果に影響するもので、一定の期間検索結果で上位表示されなくなる現象のことです

このエイジングフィルターにかかると、いくら記事を更新しても圏外になるため、解除されるまでの期間のモチベーション維持が大事になります。

ちなみに、3ヶ月~半年でフィルターが解除されるいわれていますが、当然人によって個人差があります。

エイジングフィルターにかかりやすいサイト

エイジングフィルターにかかりやすいのは、新規ドメイン(特に日本語ドメイン)といわれています。

実際にかかっているかを判断する方法として、記事のタイトルでそのまま検索してみるのが手っ取り早いです。

この記事なら、「エイジングフィルターとは?新規ドメインのサイト運営で気を付けたい点」で検索をかけます。

それで検索結果に表示されなければ、エイジングフィルター(もしくはペナルティー)を疑った方がいいでしょう。

エイジングフィルターの対策

先ほども記しました通り、エイジングフィルターは新規ドメインがかかりやすいので、中古ドメインを取得するのがひとつの対策として挙げられます。

しかし、中古ドメインは値段が高く、過去にペナルティーを受けたドメインだと、それを引き継いでしまうことになります。

もし、そのハズレを引いてしまった場合、高いお金を払ったのに上位表示されないので、これでは本末転倒です。

エイジングフィルターにかかったら

なるべくフィルターにかかることは避けたいですが、もし、仮にエイジングフィルターにかかってしまっても、記事を書き続けることが大切です。

エイジングフィルターにかかっている間は、SEO対策の効果もないのでモチベーション維持が難しいですが、質の高い記事を書き続ければ、自然とフィルターは解除されるでしょう。

もし、モチベーション維持ができない場合は、解除されるまでの間、新しいサイトを立ち上げるのも一つの方法です。

アフィリエイトを始めたばかりの人にとっては、このエイジングフィルターは厄介ですが、ペナルティーを受けたわけではないので、あまり深く考えずに、気持ちを切り替えて作業を進めていきましょう。