Googleのアルゴリズムでよく聞くパンダアップデートとペンギンアップデート

だいぶ前から導入されているアルゴリズムですが、今回はこの2つの具体的な違いと影響について解説していきます。

余談ですが、パンダはエンジニアの名前で、ペンギンアップデートはパンダと同じ白黒のペンギンにしたという説があります。

パンダアップデート

パンダアップデートとは簡単に言うと、質の低いサイトを排除するためのGoogleのアルゴリズムのことです。

質というと分かりにくいですが、コンテンツが重複していたり、内容が薄いようなサイトはパンダアップデートの対象です。

あとは他人のサイトのリライトやコピーといったスパムサイトですね。

いくら量があっても情報価値がなければ、すぐさまパンダアップデートの標的になります。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートはブラックSEOといった不正な上位表示を防ぐためのアルゴリズムです。

たとえば相互リンクや自作自演リンクのように、被リンクを増やすための行為が当てはまります。

被リンクを増やせば増やすほど高評価を受けると言われていましたが、現在はペナルティーを受ける可能性があります。

あくまで可能性があるというだけなので、受けない可能性もありますが、なるべく相互リンクや自作自演リンクは避けた方がいいでしょう。

パンダアップデート・ペンギンアップデート対策

具体的な対策としては

  • ユーザーにとって役立つコンテンツを提供する
  • 相互リンク・自作自演リンクなどの被リンク目的の行為を避ける
  • 記事を定期的に更新すること

といった基本的なことが出来ていれば、ペナルティーを受けるリスクは減らせるでしょう。

自分のサイトがパンダアップデートやペンギンアップデートに当てはまらないように、常に意識してサイトを作っていきましょう。