ブログを運営する際にコンテンツを充実させると同時に、過去記事の見直しも大事な作業です。

特に低品質な記事をそのままにしていると、SEO的にも良くないのでnoindexするか思い切って削除するといった対策も練らなくてはいけません。

 

noindexとは

サイトを運営している方はご存知の方も多いと思いますが、noindexは文字通り記事をインデックスさせないようにすることです。

noindexさせると記事が検索結果に表示されなくなります。

品質の低い記事を検索結果に表示されると、ユーザーがGoogleを利用しなくなってしまうので、Googleアナリティクスなどのアクセス解析を見て「この記事は読まれてないな」とか「これはダメだ」と思った記事はnoindex化するのがいいでしょう。

ただ、やみくもにnoindexさせるのも良くありません。

リライトしてどうにかなりそうなら、加筆・修正しておくのが無難です。

いっそのこと削除する

これは私が取っている手段です。

noindexさせてもいいのですが、個人的には読まれていない記事をわざわざ置いておくメリットがありません。

なので、これ以上修正しようがない重要でないと思った記事はすべて削除しています。

書いた記事を削除するのは気が引けますが、質の高さを維持するためには削除するのもひとつの手です。

俗に言う「断捨離」の考え方ですね。

記事をnoindexさせる方法

タグを記述する

これはもっともメジャーな方法で、<head>内にnoindexを記述します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

ワードプレスを利用している場合

ワードプレスを利用している方であれば、タグを記述しなくても「All in One SEO Pack」を使えば簡単にできます。

All in One SEO Packを有効化して「投稿一覧」からnoindexしたい記事を選び投稿画面に移動します。

下までスクロールして「robots メタ noindex」にチェックを入れて完了です。

より細かく設定したい場合は「WordPress SEO by Yoast」というプラグインがおすすめです。

高品質の基準

サイトを運営する上で高品質の記事を投稿するのは当然のことですが、その基準は人によってさまざまです。

Googleの検索品質評価ガイドラインに記載されている高品質サイトの特徴として以下の3つがあります。

  • 満足できる高品質なメインコンテンツの量であること
  • 専門性、権威性、信頼性のあるページであること
  • Web サイトが良い評価を受けていること

要約すると、ユーザーの役に立つのはもちろんのこと、専門性も必要になるということですね。

逆に言えば、上の3つが満たされないといくら記事を量産しても無駄になってしまうことになります。

専門性を高めるなら、ある程度の記事数・テキスト量は必要です。

SEO関連の書籍には800~2000文字と記載されていることが多いですが、競合率の高いキーワードで勝負する場合は最低でも5000文字ぐらいはないと厳しいでしょう。

ただ、長すぎると今度は読んでもらえなくなるので、そういう場合はキーワードを変更したりして臨機応変に対応していくしかありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で