キーワード出現率とは、ページ内にSEO対策したいキーワードが入っている割合のことです。

今回はキーワード出現率とSEOの関係について考察していきます。

 

キーワード出現率とSEOは関係あるのか?

この記事を書くにあたり、さまざまなサイトを見ていきましたが、キーワード出現率とSEOは関係ないという意見が多いですね。

これは私も同意見です。

SEOに関する書籍では、対策キーワードは3%以上入れるようにと書かれていることが多いですが、3%未満でも上位表示はできます。

実際、このサイトでもキーワード出現率が3%未満で1位表示された記事はあります。

上位表示される要因は出現率だけではなく、「競合率が低い」・「オリジナリティがある」・「コンテンツの質が高い」といったようにさまざまですから、あまりキーワードを気にしないほうがいいです。

キーワードを意識しすぎると文章がおかしくなりますし、読み手にも負担を与えてしまいます。

仮に上位表示されても、読みにくい文章では読者が離れてしまうのでこれでは本末転倒です。

やはり、読者の役に立つ記事を書いていくのがもっとも有効なSEO対策になります。

キーワード出現率は高すぎても低すぎてもダメ

とは言っても、まったくキーワードが入っていないとか、逆に入りすぎているのはSEO的によくありません。

目安は人によってさまざまですが、個人的な意見としては、出現率は最低でも2%はあったほうがいいでしょう。

最大でも7~8%に抑えたほうがいいと言われていますが、前述したように、キーワード出現率とSEOの関係性はほぼないので、数値はそこまで考えなくてもいいと思います。

ただ、あまりに出現率が高すぎると、意図的にキーワードを入れていると判断されて、ペナルティーを受ける可能性があるので注意が必要です。

キーワード出現率をチェックするには

出現率をわざわざ手動で数えるのはかなり面倒なので、無料のチェックツールを使って調べたほうが早いです。

チェックできるツールは数多くありますが、有名なのはohotuku.jpですね。

ただ、ohotuku.jpはURLを入力するタイプなので、公開後の記事しかチェックできないのが弱点に挙げられます。

まだ公開していない記事でチェックしたい場合はファンキーレイティングがおすすめです。