記事数が少ないときはまだいいのですが、サイトの規模が大きくなったときにバックアップを取っていなかったら、思わぬトラブルでデータが消えてしまったときに対処できません。

今回はそうならないためにBackWPupでバックアップを取る方法を解説します。

BackWPupとは

BackWPupは自動でバックアップを作成してくれるプラグインです。

まだインストールしていない方は「プラグイン」→「新規追加」

SnapCrab_NoName_2016-3-21_19-21-10_No-00

「プラグイン検索」からBackWPupと入力するとこのような画面になります。「インストールする」をクリック

SnapCrab_NoName_2016-3-21_19-22-42_No-00

インストールが完了したら「プラグインの有効化」をクリックします。

バックアップの取り方

SnapCrab_NoName_2016-3-21_19-29-16_No-00

「BackWPup」から「Add new job」をクリックします。

バックアップ1

Please name this jobは覚えやすいタイトルに決めてください。私はそのまま「new job」にしました。

Job Tasksは全部チェックをいれてもらって構いません。

保存形式

Archive Formatは保存形式を選びます。おすすめはTar GZipかzipですがここではzip形式にしました。

保存場所

Job Destinationは保存先を選びます。今回はDropboxを選びます。

変更

設定が終わったら、上に戻って今度は「Schedule」をクリック

保存日程

Job Scheduleではwith WordPress cronを選びます。

with WordPress cron自動でバックアップを取ってくれます。

basic

Scheduler typeはそのままbasicで構いません。

日付

Schedulerはバックアップのスケジュールを設定できます。

monthlyは月ごと weeklyは週ごと dailyは日ごと hourlyは時間ごとにバックアップを取ってくれます。

未認証

TO:Dropboxをクリックするとこのような画面になると思います。まだDropboxのアカウントを持っていない方は「create Account」をクリックしてDropboxのアカウントを作成してください。

アカウントを持っている方は「Get Dropbox App auth code」をクリックします。

アクセスを許可

このような画面になるので「許可」をクリックするとコードが出てきますのでコードをコピーします。

App Access to Dropboxのところにコードをペーストして下にある「save changes」をクリックすれば設定完了です。

バックアップ 中

バックアップ完了

管理画面上部に「Run now」というリンクがあると思いますので、クリックするとバックアップが実行されます。

ほかにも細かく設定できますが、ほとんどデフォルトのままでOKなので、今回の説明は必要最低限にしました。

バックアップを取らずにデータが消えてしまっては、今までの苦労が水の泡ですので、必ずバックアップは取りましょう。